CBDについて

1.CBDってどうして急にこんなに話題になったの? 

カンナビノイド(CBD)は麻や大麻の中に含まれている自然由来の成分です。同じ植物に含まれている別の成分であるTHCのように「ハイ」になるような効果は一切ありません。CBDの効用として挙げられているのは、少量での集中力アップ・もう多めの摂取で気持ちが安定・痛みの緩和・筋肉の緊張緩和・炎症を抑える・めまいや吐き気を止める・緊張や不安の緩和・冷静な思考回路・抗酸化効果・抗けいれん効果・神経保護効果・抗腫瘍効果などです。

2006年にはコロラド州に住むシャーロット・フィジという少女がドラベ症候群という非常に珍しい病気にかかり、週に300近い発作が起こってしまっていました。彼女が4歳になる頃には話すことも、歩くこともままならず、食事をとることも困難になってしまいました。両親はありとあらゆる病院に問い合わせ、改善方法を探しましたが現代医療の中では見つけることができいませんでした。途方に暮れていたところに、ローカル農家で麻を栽培していた方がCBDオイルを提供したのです。両親がシャーロットにCBDを与えたところ、なんとすぐに発作が収まり、病状が回復したのです。そのニュースはCNN(現地テレビ局)でもとり上げられました。このニュースを機にアメリカでもCBDの使用やCBDに対する認識が大きく変わりました。それまでは麻薬のイメージが強く、いい印象を持っていなかった人たちも癒しやリラクゼーションを求めてCBDを使用するようになったのです。シャーロットの件をきっかけに、アメリカでは何千人もの人の命を変えてきたとされています。

 2.CBDの使用は合法?

日本を含め、複数の国においてCBDの使用は合法です。しかしながら、その規定(レギュレーション)は国によって異なります。Dollopは日本市場での販売のために独自に調合されており、THCは0%、原材料も全てナチュラル/オーガニックで作られています。

3.CBDを使用すると「ハイ」になるの?

なりません。CBD、と聞くと麻(大麻)に含まれているもの、という印象が強く、違法であったり「ハイ」(興奮状態)になるのでは、というご質問を非常にたくさんいただきます。しかし、実際大麻を摂取して「ハイ」になる理由にCBDは全く関係していないのです。興奮状態になったり「ハイ」になるのは、同じ麻に含まれているTHC(テトラハイドロカンナビノール)という成分が原因です。

実はCBDというはTHCの効き目をやわらげる効果さえあります。CBDオイルをご使用される際に、「ハイ」になるなどの心配はありませんが、100%THCフリーであることを必ずご確認ください。

4.服用してから効果がでるまでどれくらいかかるの?

CBDの効果を実感するのにかかる時間には個人差があります。服用される方の代謝、体重、CBDに対する耐性などが大きく影響すると言われています。代謝が良ければ良いほどCBDを実感する時間が短いです。

しかし、CBDに対する耐性が強いと代謝が良くても効果が出るまで時間がかかります。服用の仕方も影響します。肌に塗るクリーム・ローションタイプや、飲料・食べ物に混ぜてあるものは実感するまで最も時間を要するとされています。一方で、気化して吸い込むタイプや、舌の下に乗せた物などは短い時間で実感することができます。このように、様々な要素がありますが、一般的には実感するまで20−45分が平均的時間です。

 5.どれくらいの量を服用するべき?

CBDの使用で安心していただきたいのは、CBDの使用での副作用などはほとんど報告されていないということです。OD(過量服用)による入院や緊急事態などは報告されていません。そのため、もし大量摂取をされたとしてもあまり心配することはありません。しかし、あまりCBDを一度に多くとっても、もったいないだけかもしれません。指定されている量を服用すれば通常は十分に効果は感じられるはずです。

しかしがら、実感の仕方に関しては個人差があるので(「服用してから効果がでるまでどれくらいかかるの? 」参照)違う量を試されるのも良いと思います。まずは、指定の数滴から始め、次の服用まで最低でも1時間ほど待ってみてください。もう効果を実感できないようでしたら、追加で数滴服用ください。追加される際は、合計の服用量を覚えておいてください。ご自身にあった量がわかりましたら、あまり量を変更せずに服用されてください。同じ量を継続的使用することがCBDの長期的効果を感じるために大切な要素です。

DollopではCBDお試しセットを販売しています。是非お試しセット
であなたに合っている商品・量を見つけてみてください。

6.CBDはどれくらいの期間体内に残ってるの?

CBDは通常体内に長くは残りません。研究結果では平均で5-6日間で完全に抜け切るとされています。一方で、摂取量などによってはより長く残るという結果もありますが、それでも大体の場合は長くとも10日間前後とされています。

 7.CBDを使用するとどういう気分になるの?

CBDでは「ハイ」にはなりませんが、報告されている感じ方は人様々です。最も多いのは、気持ちが落ち着くような心の落ち着きです。また、落ち着きと共に、横になるととてもスムーズに眠りにつける、というのも非常によくある感覚です。

次に一般的とされているのが痛みの緩和です。CBDの炎症を抑える作用が働くため、筋肉などの痛みを感じなくなります。

CBDは目眩や、食欲不振にも効く、とされています。CBDを服用するとお腹が空く、ということも言われています。

 8.ペット(犬や猫)にCBDを与えても大丈夫?

大丈夫です。動物も人間同様の効能が期待できます:痛み緩和、炎症、落ち着きのなさなど。しかしながら、1回に必要とするCBDの量は人間よりも遥かに少ないです。例えば犬は脳の中のカンナビノイド受容体が人間よりも遥かに密集しているといわれています。これにより、CBDに非常に敏感となるため、効能は非常に効果的で好ましいですが、摂取量を気を付ける必要があるのです。ペットや動物にCBDを与える前に必ず獣医との診察をお勧めします。

 9.CBDとヘンプオイルって同じもの?

違います。CBDオイルはCBDから抽出し、凝縮されたオイルで医薬品の一種です。一方でヘンプオイルは食品の一種でヘンプの種から摂取されたオイルのことを指します。ヘンプオイルは栄養価が非常に高いとされていますが、CBDは一切含まれていません。

10.CBDオイルはどういう効能があるの?

CBDには様々な効能があるとされていますが、勘違いしないよう気を付けなければならないのは「CBDが病気を治すという研究結果はない」ということです。一方で、実際の使用者や、小さめの研究結果では以下のような症状に対する改善が挙げられています。

食欲不振
不安
関節痛
認知症
喘息
双極性障害

心血管障害
慢性痛
うつ
てんかん
緑内障
遺伝性進行性舞踏病
炎症
不眠症
多発性硬化症
めまい
肥満
パーキンソン病
PTSD(心的外傷後ストレス症候群)
精神分裂病
トゥーレット症状群

医者によっては、認知症や痴呆症に対して確実な効果が見られるという人もいます。また、PTSDや精神分裂病に対しての治療にも効果的であるという研究結果も出始めています。しかしながら、CBDの使用自体はまだ合法になって歴史も浅く、CBDの効果に関する研究結果や論文はとても多くはありません。使用方にない服用は控え、無理のない範囲で服用ください。

お悩みの症状・状況にCBDが効く可能性があるか知りたい方は、hello@dollop.comへご連絡ください。私たちの知っている範囲でお答えさせていただきます。あるいはCBDのスターターキットで効果があるかお試しいただくのもおすすめです。

11.CBDの使用は安全?

もちろんです。CBDオイルをお探しの際は、販売会社が化学物質や殺虫剤、除草剤などを使用せずにヘンプを育てているかお確かめください。また、全ての完成品が第三者機関により調査されているかも重要なポイントです。CBDは現在とても需要が高く、それにつけこみ、良品とは言えない商品を出している会社が多数存在するのも事実です。ヘンプの生産地もご確認ください。

Dollopに関しては、ヘンプの栽培から商品化まで全てを自社で行い、第三者機関により調査も行っていますので、最高品質(化学物質、殺虫剤、除草剤など一切不使用・THC0%など)をお約束します。

ご満足いただけない場合は100%返金保証もありますので、安心してご購入ください。

12.CBDは自然由来?科学物質?
CBDは100%自然由来の成分で、植物(カンナビス)より直接抽出されています。

13.CBDは薬物検査で反応が出るの?
Dollopの製品はTHCが一切含まれていませんので、薬物検査であ反応が出ません。オリンピックなどの競技中においても、選手のCBDの使用が認められています。

14.CBDと他の薬で薬物相互作用は起こりうる?
起りえます。CBDはCYP450という酵素により代謝されています。この酵素は一般的に出回っている多くの薬を代謝する働きもします。CBDはこのCYP450の働きを制御することもあります。CBDの大量摂取、または強いCBDを摂取しない限りはCBDが代謝を妨げることはあまりありませんが、常的に服用されている薬(てんかんの薬など)ある方はお気をつけてCBDを服用ください。

15.CBDは中毒性があるの?
ありません。CBDは中毒性のない成分です。それどころか、他の物質に対しての中毒を辞めさせるために使用されることもあります。

16.どうして商品によってCBDの含有量が違うの?
商品ごとにより想定されている「1回あたりの摂取量」が異なるためです。例えば、Dollopのベッドタイム商品ですと、30mlのボトルに1000㎎のCBDが含まれています。この商品の1回あたりの想定摂取量は1mlなので、1回あたり33.3㎎のCBDを摂取することになります。 (1000mg / 30mL = 33.3mg CBD/mL)このように、1回あたりの商品自体の想定摂取量によって含有量が変動するのです。