CBDとは何ですか?

CBDとは何ですか?

そもそもCBDって何?

CBD(カンナビジノール)はカンナビノイドと呼ばれる麻(ヘンプ)の種類に含まれる113種類の活性化合物の一種です。この成分には不安をやわらげ、気持ちを落ち着かせ、痛み・不眠などに効果があります。また、ヘンプや麻と聞いて想像するような「ハイ」になる作用はCBDには一切含まれていません。

エンドカンナビノイドシステムって何?

運動をしたり、健康的な生活をしていると体もきもちいですよね。うとうとすることも少なくなり、集中力が増してストレスも少なくなります。これらは全部体内のエンドカンナビノイドシステムのおかげなんです。

人の体の中には神経システムと免疫システムの2種類のエンドカンナビノイドの受容体があります。それぞれがストレスや痛みなどを制御するのに大切な役割を果たしています。CBDはこのエンドカンナノビノイドの動きをよくしてくれます、皆さんが頑張りすぎなくていいように。

どういう仕組みなの?

自然由来の効果です。人の中に存在するエンドカンナビノイドシステムは小さな受容体があり、気分や痛み、日々の状態をコントロールするのに大きな役割を果たしています。CBDはこの受容体が体に対しての刺激や指示を出すのをサポートします。CBDが体全体の”配線”を全力サポートしてくれると思っても過言ではないかもしれないです。



CBDオイルを試すとどういう感じになるの?

最もわかりやすい回答としては、「人によります」です。というのも、それぞれの体が必要としているものが何かによってその効果も変わってきます。体はひとりひとり違いますから、反応ももちろん違ってくるのです。カンナビノイドの含まれているエキストラクトは、体の中にあるエンドカンナビノイドシステムに働きかけることにより、健康や精神低安定をサポートします。それは、その人の体の中の状態によって異なりますが、「落ち着く」「集中力が増した」などの感想もいただいています。何よりもご自身で試してみるのがいいと思います!100%満足保証、ぜひ手に取ってみてください。

CBDは長期的に安定した使用をすることで、継続的効果が見込めます。ただ、人の体はやはり個人差があります。服用量、頻度はひとりひとりの使用目的や体と向き合いながら調整する必要があります。

誰でもCBDオイルを使用してもいいの?

研究結果では、CBDは多くの人にアレルギー反応が出ないことが確認されています。CBD服用のもっと一般的な効果はリラックス、落ち着きが増す、集中力が増す、スポーツによる筋肉の炎症を抑える、より良い睡眠サイクルをサポートする、ストレス軽減などです。日々の生活にバランスを取り戻したい、保ちたい人にはこのCBD入りカンナビノイドエキストラクトに他の自然由来の植物エキスを入れたものが良いでしょう。

*CBDは動物にも効果があるとされているんです!

CBDとTHCって何が違うの?

テトラヒドロカンナビノール(THC)とCBDは100種類以上あるカンナビノイドの成分の名前です。THCと呼ばれる成分が向精神薬であり、人を「ハイ」にさせる作用があります。それに対してCBDは非・向精神薬であるため、「ハイ」にはならず、健康的に良い作用があるとされています。

CBDは現在様々な健康状態のために使用されています。私たちはCBDを通して頭の中をすっきりさせ、ストレスを軽減させ、健康やマインドの不快感を取り除くために使用するのをお勧めします。

CBDで過剰摂取が起きることはあるの?

CBDは無害であり、今まで過剰摂取(オーバードーズ)による事故が発生した事例はありません。

ヘンプオイルと、ヘンプエキストラクトは何が違うの?

オイルとエキストラクト、よく間違われたりするのですが、違うものなんです。よく「ヘンプオイル」という言葉が使われるのは2種類あります。

1.ヘンプシードオイルのこと

2.CBDエキストラクトを含むオイルのこと

まず、「ヘンプオイル」というものはヘンプシード(麻の種)から抽出され、植物性脂肪を含んでいます。ということは、肌に良い成分なども含まれているんですが、その反面、植物から抽出されるCBDなどとは成分や効果が若干違います。カンナビノイド(CBD)は植物(麻)の葉や花に含まれています。この植物から成分を抽出することで、植物由来のカンナビノイド、味、色などが最大限の効能を持って自然に出てくるのです。そのすべてがもともと麻に含まれている成分です。これに、他の自然由来のオイルを追加することで最終製品が出来上がります。

フィトカンナビノイドと呼ばれる成分はCBD同様に、ヘンプの葉や花からしか採取できない成分です。 (「地上部」という呼ばれ方をすることもあります)植物の部分よりCBDを抽出したのち、その工程で自然由来のフィトカンナノビノイド、香り、味も同時に抽出することができるのです。エキストラクトは油を含んでおり(ココナッツオイルに似ているものがあります)最終製品の製造に大きく関わってきます。

CBD製品を探される際は、是非ヘンプの種からだけでなく、植物全体を使用した製品を探されてみてください。

CBDを購入する際...

CBDを購入する際、農家から加工者、販売会社まで全てのサプライチェーンを知っておくことで安心感も理解も増しますよね。良くある大手通販会社などで販売されている商品は農家や加工者まで遡ることが難しく、中間販売業者をはさむため、第三者の声となり、品質も見極めにくいです。

さらに、商品に関する規定が国によって異なるため、さらに見極めが難しいんです。良い品質のCBDを見極めるポイントとして、以下が挙げられます。

1.農家を知ること

多くのCBD生産会社は複数の農家から品質の異なるヘンプを仕入れて、加工しています。屋外栽培か屋内栽培かだけでも大きな違いがあります。また、オーガニック栽培と化学薬品が使用された栽培法のヘンプが混ざって加工されていることも少なくありません。

Dollopは、中間販売業者がおらず、自分たちのヘンプは自分たちの農家で栽培しています。そうすることで、均一の品質と、仕入れ先を明確にしているのです。

2.加工場所を知ること

農家のように、加工会社も品質に大きく関わっています。工場が違えば品質も違います。生産の関係で、同じ商品を複数の工場に分散して製造している会社もありますが、これも気をつけたほうがいいです。バッチや、どこの工場の商品かで品質にばらつきが出てしまいます。

ここもDollopは細心の注意を払い、専用の工場で、品質チェックや混入物などをチェックする専門家を配置し、加工を行っています。余計な薬品などがどの段階でも入ってこないことを複数回に渡って確認しています。

3.きちんとテストしている会社であること

製品が出来上がった際に、必ずテスト・品質チェックを行なっている会社を選ぶようにしましょう。これは、加工の過程において、混入物がないことや、記載通りのCBD有含量になっているかを確認するということです。多くの会社はチェックを1社のみで行なっています。Dollopは独立した3つのラボにテストを依頼しています。これは、みなさんの手元に届くものが最高のものであるということをお約束するためです。

4.単一生産チェーンであること

前述にも記載がありますが、複数の農家、複数の工場と取引をすると、品質にばらつきが出てしまいます。その点、単一の農家・工場と取引をしているブランドは安定した製品の供給ができます。ご使用の製品の品質をご自身でも追えるように、単一農家・工場にて生産されているブランドを選びましょう。

Dollopも自身を持って、自社の単一の契約農家・工場から最高品質のCBD製品をみなさまにお届けしています。

 

0件のコメント 0

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。